グループウェアを導入する際のシステム更新

グループウェアを導入することになった際にシステム担当が苦慮するのが現在のネットワークとの関係です。グループウェアといえば独自システムであることが多かったこともあり、システムやネットワークの変更がネックとなるケースが多かったようです。



しかし、グループウェアがウェブベースになったことで導入の障壁は極端に低くなっています。

グループウェアはインターネット環境で利用されることができるようになり、LANとの相性もよくなりました。
既存のネットワークがある場合には動作させるサーバが増える程度でネットワーク自体の変更はほぼありません。



しかも、クライアントからの利用はウェブブラウザ越しですから、特段インストールしたり、変更をすることはありません。

設定があるとすればデスクトップにグループウェア用のリンクアイコンを増やす程度です。

導入が簡単なだけではなく、利用する側の設定も必要がないことからシステム担当が苦慮することはほぼなくなっており、苦慮すべきは利用率の向上に移ってきています。

新しい仕組みはある程度の強制力がなければうまく立ち上がらないことが多くなっています。また、使い勝手が悪いとすぐに使われなくなるので注意したいところです。

NAVERまとめに関する情報満載です。

そのため、システム的に問題がなくてもUIに問題があることが多く、サービスの導入にあたっては事前に複数人で利用してテストを重ねて最適なUIを設計していくことが必要になってきています。