フランチャイズでも利用されるグループウェア

企業内の情報共有ツールとしてグループウェアが採用されるケースが多いですが、企業によっては支店間同士のやり取りに積極的に利用することが増えています。
特にフランチャイズ制で活動している店舗同士のやりとりをグループウェアで円滑に進める取り組みが注目されています。



従来、フランチャイズのお店からの要望や各種情報は専門の担当者が店舗に伺って聞く体制が多かったのですが、グループウェアを導入することで日々の売上などの情報に加えて、店舗管理や運営方法などの情報交換の場としても利用を進めています。

横の繋がりが弱いことが多かったフランチャイズ店ですが、店長、アルバイトなどさまざまなメンバーによる情報交換は仕事を進める上で重要な場所になりつつあります。

BIGLOBEニュースを自分らしく選ぶなら此方のサイトがオススメです。

また、フランチャイズを管理する本部側にとっても独自に開発する部分を減らしながら、基盤システムへ売上などを入力させるシステムとしても使えるので有利なシステムと考えています。

基本も充実したグループウェアの役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

グループウェアは情報交換という点において使い勝手がとても良いツールでしたが、利用範囲が拡大されてきたことで、さまざまな分野で情報を扱う拠点ソフトとしての役割が増えてきています。

これはモジュール化されていることが大きく、開発がし易い、また、外部ツールやサービスとの連携が取りやすいことが理由として上げられます。

今後はさらに業務に密着したシステムとなっていくことが期待されており、開発が進んでいます。