グループウェアのサポート体制

グループウェアを導入する際に注意したいのがサポート体制です。

グループウエアのサポートは2つにわけられます。

1つはシステム面でのサポート、もう1つは利用する側のサポートです。システム側のサポートについてはウェブベースになったシステムですのでリアルタイムに変更が可能になっています。

バグ修正などについてもリモートで行われたり、アップデートが自動化されているシステムも増えています。



動作させるという意味では導入する企業側にとってはほぼノーメンテナンスの環境が整っています。


グループウェアのメンテナンスで重要になるのが利用者のサポートです。使い方からバグに対しての対応方法など多岐にわたるサポートが必要になりますが、グループウェアを販売している側のサポートはあまりありません。



理由としては使い方が他のウェブサービスと同等であることから慣れている方が多い、また、バグ等については修正をしますが、対応が早いことから対処方法を提案することが少ないからと言われています。

教えて!gooの情報が欲しい方必見です

しかし、使い方を全員が分かるまでにはサポートが必要であり、多くは有償で社員教育やトレーニングを用意していることが多いです。


また、無料で数人の方にトレーニングを行ない、その方を中心に社内でサポートチームを作る企業が多くなっています。

使い方についてはヘルプデスクを設けることもありますが、数ヶ月もすればほとんどサポートが必要なくなるくらい使いやすいシステムが多いです。