通話を多くする人におすすめの格安スマホ

格安スマホのプランは大手携帯電話会社のスマートフォン向けプラント比較をすると高速データ通信料金が安いという大きな特徴がある一方で、基本使用料には無料通話分が含まれていないことが多く、音声通話発信をした場合には30秒毎に20円の通話料金が基本使用料とは別に生じてしまうというケースが多くみられます。

このためビジネス・プライベートを問わず日頃からよく通話発信をする人の場合、格安スマホに乗り換えをすることによって高額の通話料金がかかってしまうおそれがあるのですが、ソフトバンクのサブブランドの格安スマホ会社であるワイモバイルであれば通話発信をする人でも安心して利用することができます。ワイモバイルの格安スマホ向けのプランでは基本使用料に通話料金が含まれていて、1回あたり10分以内の通話発信が回数無制限で追加料金無しでかけることができます。

短時間の通話発信をよくする人の場合、基本使用料を超過すること無く格安スマホが利用できるので同業他社と契約するよりも対費用効果がより高くなるのです。さらにワイモバイルの場合月額1000円のオプション料金を支払うことで時間に関係なく通話がかけ放題になる、音声通話発信が完全定額制になるオプションが付帯できます。

このオプションを利用することで電話をかける相手や時間に一切縛られずに快適に通話発信ができるようになるので、単純に音声通話を毎月長時間快適にしたいという人にも利用を勧められるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *