格安スマホの特徴やメリット

格安スマホは、独自に整備した通信回線を使うのではなく、既存の大手携帯電話会社の通信網を借りる事によって音声通話とデータ通信の各サービスを行っている事から、通信設備の維持管理に大規模なコストを掛ける事無くサービスを提供する事が可能です。

それによって、格安スマホは音声基本料・3GBの高速データ通信が2千円以内で利用する事が可能となっており、大手携帯電話よりも大幅に毎月の携帯電話料金を下げられるようになりました。

格安スマホのプランは、音声通話+データ通信・SMS付きデータ・データの3つとなっていて、1つの端末で音声とデータ通信をしたい場合は音声プランを、ガラケーとも呼ばれるフィーチャーフォンを音声通話用に持っている場合や、タブレットを使いたい場合はデータプランにしておくと良いでしょう。無料通話アプリの認証・ポイントサイトの個人認証ではたまにSMSが必要な時があるので、これらのサービスを使う場合はSMS付きにしておいたほうが無難です。

格安スマホの端末は、新規やMNPで購入する場合は格安スマホ事業者から購入する事が可能で、3万円前後の製品であっても普段使いでは満足できるスペックなので、相当なヘビーユーザーでない限りはストレスなく使う事が出来ます。なお、動きの激しいゲーム・高画質の映像を閲覧・動画や写真の撮影をする場合は、処理能力が早くて画素数の高いハイスペック製品を選んでおくと楽しくスマホライフを送れるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *