不登校の子供に対しての対応の仕方

不登校の子供に対しての対応の仕方

最近、いじめなどの理由で不登校になる子供が増えています。

不登校の子供の気持ちは非常に繊細で複雑です。


ですから対応がとても難しいです。

でも向き合ってあげることが重要です。

学校に行くことを強要するのではなく、心の傷が癒えるまで好きなことをさせてあげるほうが良いでしょう。

不登校の対応情報を調べるならこのサイトです。

そっとしておいてあげましょう。
それで月に1回くらいのペースで、家族で話し合いをするといいです。

家族と言っても大人数ではなく、多くても4人くらいで行いましょう。
そして質問をするときはその子が学校で嫌だったことを思い出させるような質問は控えたほうがいいです。



学校に復帰できない原因となります。

今、学校に行きたいかを聞くのではなく、今、何をしたいかを聞くのがいいです。
そしてできるだけその子のやりたいことをさせてあげましょう。その子にある程度自由を与えることになります。


自由を与えることで安心感、満足感を感じ、もしかしたら学校に復帰するきっかけが見つかるかもしれません。


もし、その子が学校に復帰できたのなら、その対応は正解だったという事になります。
直接学校に行く方に話を持っていくんじゃなくて、学校に行きたくないのならとりあえず今できることをやるという風な話に持っていきましょう。

マイナスからプラスに現状を持っていくのは決して簡単じゃないですがきっかけを見つけることによって、見違えるほどに回復するものです。



学校に行きたくても怖くて行けないから困っているのです。


確実に不登校から復帰できる対応をしましょう。

  • 資格の予備知識

    • 子供が不登校になった場合、親であれば誰しも心配し、不安になります。しかしこういった事をむやみに他人に相談するわけにはいきませんし、相談したからといって解決出来るという問題でもありません。...

      detail
  • 資格の情報まとめ

    • 高校卒業資格を得るには、通常の高等学校を卒業しなくても可能です。不登校や中退などで高校卒業資格を得ることができなかった場合であっても、資格を得ることを諦める必要はありません。...

      detail
  • 資格関係の情報

    • 乗馬は今や人気のスポーツでもありますが、それに伴い難しいものでもあります。人馬一体になる難しさはなんとも言えない悩みどころになります。...

      detail
  • ためになる資格

    • 子供が不登校で学校に行かなくなると、最初のうちは少し休めば自然と自分の力で行くようになるだろうと、我が子の力を信じようと思う事でしょう。自分の中で問題が解決できれば、何かのきっかけで学校に通うようになるだろうと思えば、温かく見守るしかないと思うからです。...

      detail